熊木杏里

プロフィール


シンガーソングライター。

2001 年日本テレビ系で放送された「嗚呼バラ色の珍生!!」の歌手オーディションに参加。最終プレゼンで「時計」(メジャーデビューシングル『窓絵』収録)を歌唱しグランプリを獲得。2002 年2月 21 日シングル『窓絵』でパップよりデビュー。2003 年3月26日1stアルバム『殺風景』をリリース。同年3月〜9月の NHK 朝の連続テレビ小説ドラマ「こころ」では、劇中挿入歌として「ヒトツ/フタツ」が使用される。
2004年11月 TBS系ドラマ「3年B組金八先生」劇中挿入歌として楽曲「私をたどる物語」が使用される。
2006年8月中島信也が監督を務めた資生堂企業 CM で楽曲「新しい私になって」が使用される。翌年の第 47 回 ACC CM フェスティバルにおいて特別賞ベストサウンズに選ばれる。2007 年2月 21 日シングル『春の風』をリリース。映画「バッテリー」主題歌として使用される。4月には、 NHK土曜ドラマ「病院のチカラ〜星空ホスピタル〜」の主題歌に「最後の羅針盤」が使用される。5月11日放送のフジテレビ系ドラマ「奇跡の動物園 2007 〜旭山動物園物語〜」の主題歌として「朝日の誓い」が使用される。
2008 年5月ユニクロ「ブラトップ」CM ソングとして「夏の気まぐれ」が使用された。翌年3月からはYTV「かんさい情報ネットTen!」のコーナーで「めばえ」のテーマ曲に「誕生日」が使用され、今も話題となっている。NHKの「ワンダー×ワンダー」エンディングテーマに「君の名前」が使用される。2010 年3月10日にベストアルバム『風と凪』をリリース。
2011年6月に新曲「hotline」が箭内道彦が監督を務めた TBC エステチケット CM ソングに使用される。10 月ワーナー移籍第一弾となる、ミニアルバム「and...Life」をリリース。2012 年1月土曜ワイド劇場エンディングテーマ「今日になるから」を発売。2月、10 周年記念アルバム「光の通り道」をリリース。3月、コブクロの「桜」をカバーしての桜ソングシングルをリリースし、桜前線ライブを行う。5月、自身初の渋谷公会堂で 10 周年記念ライブを行い、歌だけでなく詩の朗読など新たなコンサートにも挑戦、10 月に DVD 化される。12 月に、初のコンセプトセルフカバーアルバム「白い足あと」をリリース。
2013 年「熊木杏里 LIVE TOUR 2013 Close to you〜白い足あと〜」を実施。3月 31 日に妊娠を報告。9月に出産。10 月よりベネッセコーポレーションの創刊 20 周年「たまひよ」と開講 25 周年〈こどもチャレンジ〉の合同 TV CM にて「一千一秒」(リテイクバージョン)が使用され、「ウィメンズパーク」にて企画をスタート。
2014 年3月、LIVE TOUR 2014「贈り物」を実施。12 月にオリジナルアルバム「生きているがゆえ」をリリース。2015年4月から、熊木杏里 LIVE TOUR 2015「生きているがゆえ」をスタート。
2015 年7月より TOKYO MX にて放映されたアニメ『Charlotte』の最終話劇中で、熊木杏里歌唱の「君の文字」が流れ、透明感のあるのびやかな歌声がアニメ中に響き渡り、SNS 等、検索ワードでも急上昇し話題となる。2015 年 11 月 22 日『熊木杏里 LIVE in autumn「歌が姿を見せる日」』を日本橋三井ホールで行う。同コンサートは熊木初となる映像とのコラボレーションとなり、多くのファンを魅了した。

BIOGRAPHY

2001年日本テレビ系で放送された「嗚呼バラ色の珍生!!」の歌手オーディションに参加
最終プレゼンで「時計」(メジャーデビューシングル『窓絵』収録)を歌唱しグランプリを獲得
2002年2月21日シングル『窓絵』でパップよりデビュー
2003年3月26日1stアルバム『殺風景』をリリース
3月〜9月 NHK朝の連続テレビ小説ドラマ「こころ」劇中挿入歌として「ヒトツ/フタツ」が使用される
2004年11月TBS系ドラマ「3年B組金八先生」劇中挿入歌として楽曲「私をたどる物語」が使用される
2005年2月23日2ndアルバム『無から出た錆』をリリース ※キングレコード移籍第1弾作品
4月6日にシングルカット『私をたどる物語』をリリース
またこのシングルに「ヒトツ/フタツ」が収録される
2006年8月中島信也が監督を務めた資生堂企業CMで楽曲「新しい私になって」が使用される
9月21日3rdアルバム『風の中の進行』をリリース
11月22日シングル『新しい私になって』をリリース
※翌年の第47回ACC CMフェスティバルにおいて特別賞ベストサウンズに選ばれる
2007年2月21日シングル『春の風』をリリース。映画「バッテリー」主題歌として使用される
前作のスマッシュヒットも相乗して各方面から話題を呼ぶ
4月NHK土曜ドラマ「病院のチカラ〜星空ホスピタル〜」の主題歌に「最後の羅針盤」が使用される
10月24日4thアルバム『私は私をあとにして』をリリース。「最後の羅針盤」が収録される
5月11日放送のフジテレビ系ドラマ「奇跡の動物園2007〜旭山動物園物語〜」主題歌として「朝日の誓い」が使用される
7月25日シングル『七月の友だち』をリリース。「朝日の誓い」も収録
さらに「朝日の誓い」は中島信也によるユニクロ「Wide Leg」CMソングにも使用された
2008年5月ユニクロ「ブラトップ」CMソングとして「夏の気まぐれ」が使用された
11月5日5thアルバム『ひとヒナタ』をリリース
2009年JRAテーマソングに「雨が空から離れたら」が使用された
3月〜YTV「かんさい情報ネットTen!」のコーナー「めばえ」のテーマ曲に「誕生日」が使用される
4月8日シングル『雨が空から離れたら』をリリース
6月17日シングル『君の名前』をリリース
NHK「ワンダー×ワンダー」エンディングテーマに「君の名前」が使用される
11月6日6thアルバム『はなよりほかに』をリリース。
2010年3月10日ベストアルバム『風と凪』をリリース。
2011年2月「Flag」が岐阜 柳ヶ瀬123計画 PRソングに起用される
4月「ホームグラウンド〜ふるさとへ〜」がチャリティソングとして配信開始
5月「Hello Goodbye & Hello」が映画「星を追う子ども」主題歌に使用される
6月「hotline」が箭内道彦が監督を務めたTBCエステチケットCMソングに使用される
10月5日ミニアルバム「and … Life」をリリース。
2012年1月 シングル「今日になるから」をリリース。

タイアップ実績

●窓絵
日本テレビ系『ぐるぐるナインティナイン』『ロンブー龍』『ウルトラショップ』各エンディングテーマ
●咲かずとて
日本テレビ系『AX MUSIC-TV』AX POWER PLAY #011(エンディングテーマ)
●今は昔
日本テレビ系『爆笑問題のススメ』『三宅裕司のドシロウト』各エンディングテーマ
●私をたどる物語
TBS 系ドラマ『3 年B 組金八先生』劇中挿入歌
●ヒトツ/フタツ
NHK 朝の連続テレビ小説 ドラマ『こころ』劇中挿入歌
●流星
テレビ東京系『奥さまは外国人』エンディングテーマ
●しんきろう
フジテレビ系『離島医療にかけるDr.コトーたち』エンディングテーマ
●新しい私になって
資生堂企業広告『新しい私になって』篇CM ソング
●朝の夜ふかし
HBC ラジオ『熊木杏里 朝の夜更かし』テーマソング
●春の風
全国 東宝系公開映画『バッテリー』主題歌
●最後の羅針盤
NHK 土曜ドラマ『病院のチカラ〜星空ホスピタル〜』主題歌
●ゴールネット
HC 日光アイスバックス公式応援ソング
●朝日の誓い
フジテレビ系スペシャルドラマ『奇跡の動物園〜旭山動物園物語〜|奇跡の動物園 2007 〜旭山動物園物語〜』主題歌
ユニクロ『Wide Leg』CM ソング
●一等星
ロッテ チョコレート『紗々』CM ソング
●ひみつ
ユニクロ『ヒートテックインナー』CM ソング
●春隣
ニッセイ同和損害保険企業CM『願いのそばにいる、保険です』編CM ソング
●時の列車
京王グループ『京王×高尾山』企業CM ソング
●夏の気まぐれ
ユニクロ『ブラトップ』CM ソング
●モウイチド
映画『Happy ダーツ』主題歌
●こと
映画『天国はまだ遠く』エンドロール歌
●誕生日
NTT 東日本『電報|DENPO』CM ソング
読売テレビ『かんさい情報ネットten!』のコーナー『めばえ』のテーマ曲
●青春たちの声がする
中国放送 2008 年ラジオステーションジングル
●やっぱり
ロッテ チョコレート『紗々京物語』CM ソング
●雨が空から離れたら
2009 年JRA ブランドCM ソング
●my present
毎日放送 ドラマ『親孝行プレイ』エンディングテーマ
●花言葉
京王グループ2009『京王×高尾山』CM ソング
アクラスCHECK ONE『妊娠への思い』編 CM ソング
●桜見る季節
郡山健康科学専門学校 CM ソング
●ぼくらのあり方
映画『降りてゆく生き方』主題歌
●君の名前
NHK 総合『ワンダー×ワンダー』エンディングテーマ
●Flag
岐阜 柳ヶ瀬123 計画 PR ソング
●Hello Goodbye & Hello
映画『星を追う子ども』主題歌
●hotline
TBC『エステチケット』CM ソング
●今日になるから
テレビ朝日系 「土曜ワイド劇場」 エンディングテーマ
●お祝い
セディナカードCMソング

WARNER MUSIC AGENCY
(c) 2016 Warner Music Agency Inc.